室内アンテナの地デジ視聴

ヘルメットを持つ人

地デジの普及

地デジはUHFアンテナを設置することで視聴することができます。今から6年前に日本国内のテレビ局が完全地デジ化に移行する前には多くの住宅でUHFアンテナの設置を行いました。関東ではテレビのキー局がすべてVHFであったことからUHFチャンネルを視聴する機会があまりなかったことで地デジアンテナ設置の工事依頼がかなりあったようです。最近ではわざわざ地デジアンテナを屋根に付けなくても室内に設置できる地デジアンテナが普及しています。屋根への設置は新たに工事費用が掛かりますし、地デジ移行を機にテレビ視聴を断念した世帯も多かったそうです。また画質は悪いですが、携帯電話やスマホによるワンセグでの視聴も可能ですから敢えて地デジアンテナを設置する必要がなかったのだと思います。設置が簡単な室内アンテナであれば容易に導入できることもあり地デジアンテナを設置する世帯が増加しています。

室内アンテナの問題点

室内アンテナの価格は3000円から一万円と非常にリーズナブルで場所も取りません。形状は直径20センチ未満のプレート状の板のようなアンテナが主流となっていてテレビ台の横に置いても邪魔にはならない大きさです。しかし屋根に取り付けるアンテナに比べて電波の受信が難しいようです。室内の場所や立地において受信感度に差が生じますのでテレビや室内アンテナを設置する位置にも気を付けなければなりませんし、仮に視聴できたとしても度々受信が遮られる可能性もあるのです。クリアな画質で地デジを視聴するのであれば屋根にUHFアンテナを設置することが推奨されますが、どうしても無理な場合には補助的な役割として捉えておいた方がいいでしょう。今後、受信精度の高い室内アンテナが登場すればこうした受信障害を改善出来るのですが、果たしていつになることでしょうか。

快適なテレビ視聴のために

男性

新築住宅や引越先でテレビ受信環境が整っていない場合、アンテナ設置やケーブルテレビ加入が必要です。テレビ放送をアンテナで受信する場合は、地デジやBS・CS放送の電波事情と住宅事情に合わせたアンテナ工事も欠かせません。専門の工事業者に依頼すれば、高い技術力と柔軟な対応力で快適な視聴を実現させてくれます。

比較をして業者を決める

アンテナ

新築の戸建て住宅を購入したときなどによく利用される工事に、テレビアンテナ工事がある。テレビアンテナ工事では個人での設置は難しく、業者依頼が中心である。業者依頼するときには、業者同士の比較検討を行うことが重要である。

アンテナを取り付ける

アンテナ

自分の住宅を建築するときは、テレビ用のアンテナを設置する必要がありますが、自分で取り付けるのはリスクがありますので、専門業者にアンテナ工事を依頼することがおすすめです。業者に依頼する際には、適切な費用かどうかよく確認する必要があります。

Copyright© 2017 地デジアンテナの設置してテレビ番組を楽しもう! All Rights Reserved.