1. ホーム
  2. 快適なテレビ視聴のために

快適なテレビ視聴のために

男性

電波事情に合わせた施工

一戸建て住宅を新築した場合はもちろん、集合住宅でも引越先にテレビ視聴環境が整備されていないケースがあります。テレビ放送を視聴するにはアンテナを設置するか、またはケーブルテレビや光回線を使ったサービスに加入することが必要です。ケーブルテレビや光回線のテレビサービスを利用するには一定の月額料金もかかりますが、アンテナを設置すれば初期工事費用だけでテレビが視聴できます。山間部や高層ビルの近くなどで受信が困難な居住環境でない限り、アンテナを使ってテレビを視聴するのが最も経済的な方法なのです。地上デジタル放送を受信するためのUHFアンテナは、向ける方向を電波塔などの中継局に対して最適化する作業が必要です。BSデジタルやCS放送を受信するために欠かせないパラボラアンテナはさらに指向性がシビアなため、放送衛星に対する角度が1度でもずれると受信できなくなります。アンテナ工事は屋根やベランダに受信装置を設置するだけでなく、電波状況や分波器使用に応じた屋外ブースター設置も伴います。アンテナ工事業者は専用の機材を駆使して受信装置や分波器・ブースターを適切に設置し、快適なテレビ視聴を実現させているのです。

高度な専門技術と対応力

ある程度の知識を持つ人なら、自分でアンテナを設置して工事費用を節約できそうに思われるかもしれません。しかしながら屋根への設置には高所作業に危険も伴う上に、仮にベランダ等への設置であっても難易度の高い配線作業が必要になります。専門の工事業者は電波チェッカーなどプロ用の測定機器を使用してアンテナの向きを微調整しており、台風などの風雨にも耐えられるよう確実な固定作業も欠かしません。テレビを設置する部屋まで同軸ケーブルを新たに引き込むようなケースでは、さらに高度な工事のテクニックが必要となります。現在のデジタル放送は受信レベルが低下するとブロックノイズが発生し、アナログ放送時代と比べてもテレビ放送の画質が著しく悪化するものです。これを防ぐためには常に安定した受信レベルを維持しなければならないため、場合によっては室内にもブースターを設置する必要が出てきます。高い技術力を持つアンテナ工事のプロはあらゆる電波状況と住宅環境に対応して受信環境を最適化し、どの住宅でもテレビを視聴できるようにしてくれます。ケースバイケースの柔軟な対応力こそが、目に見えない電波をきれいなテレビ映像へと変えているのです。

Copyright© 2017 地デジアンテナの設置してテレビ番組を楽しもう! All Rights Reserved.